内科

「おかしいな?」と思ったら、まず内科に相談を。

医療の専門家・細分化に伴い、当院の内科系各診療科は臓器別に高度な専門的診療を行っています。しかし、体の不調をきたした際、「どの科にいくべきか判断がつかない」という患者さまが多くいらっしゃいます。そのような患者さまの声に耳を傾け、総合的に判断するプライマリケアの役割を担うのが内科です。
医師の専門的な初見から根底にある原因を突き止め、専門的な治療が必要と判断される場合は、より高度な専門医療機関と連携を図りながら、早期治療の実現を目指していきます。
ご自身とご家族の身近なかかりつけ医として、お気軽ご相談ください。

循環器内科

高血圧や心臓疾患、動脈硬化、コレステロールが高い方など心臓の病気や血圧・血管系疾患の診断と治療を主体としています。また循環器系の疾患は、喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いので、薬物等による治療だけでなく、生活習慣病改善の指導も行います。日本人の死因の1/3は血管系の病気(心臓疾患、脳血管疾患)が原因です。血管の動脈硬化が進むと、心筋梗塞になったり、脳梗塞になったりします。「最近歩くと動悸や息切れがしたり、脈が飛ぶことがある」、「健診で心雑音を指摘された」あるいは血管の動脈硬化が気になるという方は、一度検査をお勧めいたします。

呼吸器内科

咳、痰、息が苦しい、胸が痛いなど呼吸器疾患の診断と治療を主体とし、健康診断などで教務レントゲン写真の異常陰影を指摘された人なども対象としています。咳がなかなか治まらない、ゼーゼーという咳をする、ちょっと歩いたり坂道を登ったりすると呼吸が辛くなる、胸のあたりが痛む、血痰がでる、睡眠中にいびきの音がひどい、また最近よく耳にする睡眠時の無呼吸状態がある方、胸部レントゲンで影が映っているとお医者さんに診断された方は気管支・呼吸器・肺などに何らかの異常がある可能性があります。上記の症状に思い当たる方は、受診されることをお勧めします。

リハビリテーション科

疾患によって失われた身体的な機能の回復を図り、家庭復帰・社会復帰などを目的として、充分な診断・評価のもと、必要に応じた薬物療法、運動療法、物理療法を行い、患者さんに効率のよいリハビリテーション・プログラムを提供します。個々の患者さんの持つ身体機能を最大限に伸ばし、日常生活の自立度を改善させ、運動機能を回復させ、社会復帰できるようにお手伝いします。理学療法では四肢の機能回復、歩行訓練を中心に実施。作業療法では上肢から手指の機能訓練や家庭生活に必要な動作の訓練と習得を図ります。言語療法では、毎日の食事に必要な嚥下訓練や、食べやすい食事形態の提案や評価を図ります。

胃腸科内科・消化器内科

最先端の内視鏡技術で消化器系疾患を診断・治療。

食道・胃・大腸・肝臓・脾臓などの消化器系疾患の診断と治療を主体とし、必要に応じてレントゲン・内視鏡・エコーなどの器機を用いて診断します。
当院では最新の内視鏡装置を採用し、卓越した技術を駆使した上部内視鏡(食道・胃)、下部内視鏡(大腸)の検査にて、潰瘍・ポリープ等の早期発見に努めています。
内視鏡で切除できる病変は当院で治療し、手術が必要な病変に対しては最適な医療機関をご紹介します。
腹部エコーは、肝臓・胆のう・脾臓・膵臓・腎臓等の検査で、癌・結石・ポリープ等の早期発見に有用です。
慢性肝炎の方は特に定期的な腹部エコーの検査が必要です。