鹿児島市の内科・胃腸科・検診・人間ドックは林内科胃腸科病院・日本消化器内視鏡学会指導施設

医療技術部

薬剤課

スタッフ

薬剤師:4名(うちパート1名) 薬剤助手:1名

業務内容

調剤業務では、患者さんに処方された内服・外用・注射薬の処方内容について薬剤師の視点で疑問点がないか、患者さんがしっかり服用できる形態であるかなどを検討した後に調剤します。
入院時の初回面談では、患者さんが、今までお薬を飲んでアレルギー症状や副作用を経験したことがないか、また持参薬の鑑別や服薬状況なども確認し、これらの情報が、入院中の薬物治療に役立てられています。

モットー

患者さんに安心して薬を服用してもらえる様、わかりやすい言葉で丁寧な薬の説明に努めています。

私たちの取組み

薬剤師であることを自覚し、研修会や学会への積極的参加を行い、職能向上に日々努め自己研鑽に励んでいます。

薬剤課はおくすりのプロとして安全な適正使用にむけて活動しています。また、お薬のことだけでなく、患者さんの声ひとつひとつに耳を傾け笑顔で丁寧に優しく対応できるよう努めています。質問があれば、どうぞお気軽に声をかけてください
医療技術部長(薬剤師) 花田 愛子

検査・放射線課

検査・放射線課についてご紹介いたします。私たちは、検査室1名、放射線室2名の計3名で業務を行っています。

スタッフ

臨床検査技師:2名 放射線技師:2名

業務内容

検査室では、検尿・一般血液検査と生理学検査を行っております。
放射線室では胸部・腹部などの一般撮影や企業健診。CT検査及びMRI検査等を実施しています。
昨年春には頭痛外来が開設され、検査室では新たに脳波検査、放射室ではCT・MRIによる頭部検査の患者様も増加しています。

モットー

患者様の不安の解消に努め、安全に、安心して検査を受けて頂けるように心がけています。

取組み

受付・外来看護師と連携し、検査の方法や内容についての十分な説明、待ち時間の短縮に努めています。

検査を受けるとなれば、誰しも不安になります。患者様に明るく、分かりやすい言葉で説明を行うようにしています。
課長 山口 敏弘

リハビリテーション課

スタッフ

理学療法士:7名 作業療法士:4名(うちパート1名) 言語聴覚士:1名 マッサージ師:1名

業務内容

当院のリハビリテーション課では、脳血管疾患リハビリIIと運動器疾患リハビリIの施設基準を取得しており、脳出血・脳梗塞後の麻痺に対してのリハビリや肩・腰・膝に疾患を持っておられる患者様・利用者様のリハビリを行っております。
昨年の9月からは言語聴覚士も加わり、言語障害の方や嚥下障害(食べ物が上手く呑み込めない)の方へのリハビリも提供できるようになり、より充実したリハビリが提供できる体制が整いました。

モットー

「リハビリスタッフとは、患者様の伴走者である」をモットーに、患者様と同じ目線で患者様自身の良くなろうとする力を引き出すことを心がけています。
伴走といってもただ一緒に走るだけでなく、患者様に優しい眼差しを向けて、その中で専門知識を活かして注意深い観察を行うようにしています。観察のレベルを高めていけるように、日々自己研鑚を積むことも大事にしています。

取組み

現在、在宅復帰支援に重点を置いており、入院中にご自宅もしくは転居先にお伺いして、退院後の生活がスムースにスタートできるように必要な福祉用具や住宅改修のアドバイスをさせて頂くといった取り組みにも力を入れております。
加えて介護保険でのリハビリも行っており、デイケアでのリハビリや訪問リハビリにて在宅復帰後のフォローも行っております。

リハビリテーション課の特徴は、団結力です。明るく楽しい雰囲気の中でリハビリを行っており、患者様・利用者様からも「ここに来るだけで元気になるね。」と言葉を頂いており、とても励みになっております。
上山 裕二

栄養課

スタッフ

管理栄養士:1名 厨房:委託会社(株式会社プランニングフーヅ)

業務内容

主な業務は『食事の提供』と『栄養管理』です。衛生面・安全面に細心の注意を払って調理・盛り付け等を行っています。入院中は、行事食や旬の食材を使った献立等、患者様に喜んで頂ける食事の提供に努めています。また、患者様の個々の病態に合わせた治療食の提供と栄養指導(相談)を通して、低栄養状態の改善と疾病予防・改善のサポートを行っています。

モットー

当院の理念でもある『優しさと思いやりの心』をモットーに、いつも患者様の立場に立ち、共感し心のこもった食事の提供を心掛けています。

取組み

患者様・ご家族への聞き取りをさせて頂き、他職種と連携しながら適正な食事形態であるかどうか等の相談を行っています。食欲のない方や食事をスムーズに摂ることが難しい方へは、調理スタッフと相談しながら患者様のご要望にお応出来るよう個別対応していきたいと考えています。退院後も食生活の悩みについて一緒に考え、不安が少しでも解消されるように支援していきたいと思います。

患者様にとって、退屈な入院生活の中で食事が『楽しみ』そして『元気』になるような食事作りに管理栄養士・厨房スタッフ一丸となって取り組んでいきたいと思います。食事に関して、困った事やお気づきの点などございましたら、お気軽に管理栄養士にお声かけ下さい。
また、定期的に広報誌「はやしのごはん」も発刊しています。是非ご覧ください。
管理栄養士 窪田 智美

通所リハビリテーション(デイケア)

スタッフ

介護職員:4名 看護師:2名(うちパート1名) 理学療法士:1名

業務内容

デイケアは利用者様が有する能力に応じて可能な限り自立した在宅生活を送れるようにサービスを提供し、利用者様の心身機能の維持や回復を目的としています。
具体的な業務として送迎、入浴での介助、個別リハビリ、排泄介助、レクリエーション等の提供があります。利用者様の心身機能に合わせた介助方法を話し合い、食事や内服、バイタル測定などによる健康管理も行っています。またご家族や担当ケアマネージャーにデイケアでの様子や心身の状況を伝達し、情報の共有を図っています

モットー

デイケアは『アットホームなデイケア』をモットーにして業務に励んでいます。
ご自宅で生活している中で体の気になる点や悩みなどをスタッフが相談にのり、状況に応じてご家族や担当ケアマネに報告・相談し悩みを出来るだけ解決していけるようにしています。利用者様一人一人を家族の一員と思い、何でも話の出来る家庭的な環境づくりをしてしています。

取組み

利用者様の今までの人生の背景を考え、一人一人の疾患に合わせて脳トレや手作業を行っています。
四季折々の季節を感じられる壁飾りを作成したり、桜やコスモスなどの花見に行く野外活動を行ったり、節分、クリスマスなどの様々なレクリエーションやイベントを楽しんでいます。
スッタフ一同 笑顔のたえない雰囲気作りに心がけています。

特徴のある活動

通常のレクリエーションのほかに、外部講師による音楽療法や臨床美術の活動を行っています。音楽療法では、先生のピアノ伴奏にのって大きな声で楽しく歌うことが出来ます。毎月違う季節感を取り入れた選曲を、みなさんとても楽しみにしています。臨床美術では、魚や野菜の絵を描くのですが、とても上手に描いて画伯気分で楽しむことが出来ます。ぜひ一緒に参加してみませんか?
このような活動を行っていくことは、心身の活性化、情緒の安定化、集中力の回復、また活動による自己実現で満足感を得るなどの効果が得られます。

林デイケアでは家庭的な雰囲気で在宅での生活を維持できるようにスタッフ一丸となって業務に励んでおります。
笑いの絶えない明るいところです!是非気軽にご見学に来てください。
主任 木下 康生
PAGETOP
Copyright © 医療法人起生会林内科胃腸科病院 All Rights Reserved.