教育理念

林内科胃腸科病院理念・基本方針、看護部方針を踏まえ、看護職の役割拡大、複雑多様化、業務密度の高まり、社会的責任の高まりに敏感に反応し人間・生命・生活を尊重する看護倫理を持つ看護職員を育成する

教育目的

  1. 科学的根拠のある看護技術を修得する
  2. 感性や洞察力を修得する
  3. 患者の個別性を重視した看護展開スキルを修得する

教育形態

院外教育

  • 対象:全職員
  • 運営組織:病院、教育委員会
  • 事業内容:
    • 医師会、看護協会等 各職種が帰属する法人団体等が行う研修会、講演会、学術集会等に自費または公費で参加する
      公費で参加する場合は病院長への参加申請、研修参加報告提出、伝達発表等が必要である
    • 院内研修会開催
      院内で組織された委員会が・伝達講習・プレゼンテーション等を行う
    • 院内研修会参加者の中から選抜された一部の職員には研修報告書を提出する

現任教育(院内教育)※勤務時間内に施設内で行う教育形体をいう

  • 対象者:看護職員
  • 運営組織:看護部教育研修委員会
    継続教育図
  • 年間計画概要
    研修名 対象者 テーマ 方法
    5 看護助手研修 看護助手

    クラーク
    看護助手に必要な看護倫理 講義
    6~7 准看護師研修 准看護師 看護過程の展開法 講義・演習

    (受け持ち事例)
    8~9 看護師研修 リーダー看護師 看護記録の仕方
    チームナーシングにおけるリーダーの役割
    講義・GW
    講義:当院の記録様式に基づく
        メンバー看護師 看護記録の仕方
    チームナーシングにおけるメンバーの役割
    講義・GW
    講義:当院の記録様式に基づく
    10~11 役職研修 主任・師長 看護質評価と改善計画 GW:自部署の自己評価と意見交換から表明
    随時 専門看護研修 希望者 摂食・嚥下ケアー 講義
    随時 専門看護研修 希望者 認知症ケアー 講義
    随時 中途採用者研修 看護職員 看護部組織概要・接遇・看護倫理・医療安全・感染管理・医療機器取扱い・基本看護技術等 講義・演習
    基本展開 看護倫理⇒看護記録⇒看護過程⇒チームナーシングの運営⇒リーダーシップ⇒看護マネージメント

看護方式(チームナーシング看護方式)

チームナーシングの手順・役割
勤務帯 患者チーム 看護チーム
日勤

2チームに分担

4階病棟
Aチーム
401~406病室の入室患者
Bチーム
407~417病室の入室患者・501・502病室の入室患者

チームは、原則とし病床区分又は病棟の動線に配慮しに区分する

  • 緊急入院患者は、チ-ムにこだわらず、空床ベッドがあればいずれのチームでも受け入れる
  • チーム編成上病室の移動をお願いする場合には、その都度、患者・家族に丁寧な説明を行い理解を得るよう努める
3階病棟
Aチーム
301~306病室の入室患者
Bチーム
307~316病室の入室患者

チームは、原則とし医療区分又は病棟の動線に配慮しに区分する

  • 緊急入院患者は、チ-ムにこだわらず、空床ベッドがあればいずれのチームでも受け入れる
  • チーム編成上病室の移動をお願いする場合には、その都度、患者・家族に丁寧な説明を行い理解を得るよう努める

2チームに編成

4階・3階病棟 ※リーダーメンバー表は別紙参照
Aーム
看護師・准看護師・看護助手の日勤帯勤務者とする
Bチーム
看護師・准看護師・看護助手の日勤帯勤務とする
看護師長の役割
  1. 勤務表作成時、看護チームの編成を考慮し作成する
  2. 事前にチームリーダーーを選抜し、勤務表に提示する
  3. 随時チームリーダー・メンバーの業務遂行状況を確認・評価し必要に応じて助言する
チームリーダーの役割
  1. 受持ち患者の割り振りを行う
    • 受持ち患者の割り振りは、患者の医療・重症度・看護度等及びメンバーの看護実践能力を考慮する、リーダー自らも受持ちを持つ
    • 新人は,原則としてパートナ(先輩ナース)と共に割振りするやむを得ず1人に割り振りする場合には、依存性や不安の強い患者は避ける
    • 看護助手は、直接ケアー業務は、看護師と共に割り振る、但し直接ケアー 以外の業務(ベッドサイド環境整備・配膳・配茶・おしぼり作り・各室清掃等)は機能別に割り振る
  2. 毎日カンファランスを計画し自ら司会をする
  3. メンバーの休憩時間を分担表に提示する
チームメンバーの役割
  1. 受持ち患者の看護を責任をもって実施する
  2. 受持ち患者全員に看護計画に基づいた日間業務計画を立案・実施・評価する
  3. 難易度の高い看護技術や業務量が一定時間に集中した場合 は,その都度リーダーに報告し、他のメンバーに協を求める
  4. カンファランスに参加し、受持ち患者の看護計画の評価・修正をする
  5. 看護が切れ目なく継続できるように、休憩は交代で取る
  6. 提示された時間に休憩をとる,及び休憩時間内の業務は交代で残るメンバーにし送りを行い実施漏れがないようにする
看護助手の役割
  • 看護助手は、直接ケアーを実施する場合には事前に、看護師の指示及び指導を 受けてから実施する
夜勤 入院患者全員を1チームとする
  • 看護師長はチームリーダーを1人立てる
  • チームリーダーは業務開始時、入院患者全員の状態を把握し勤務者全員に業務を分担する
  • チームリーダーは交代で全員が仮眠、休憩を連続してとれるように事前に提示する
  • 夜間は人員が少ないため業務分担にこだわらず、協力して業務を実施する
    ※その他については上記に準ずる

医療関係者の方へ